技術職は実力が問われる働き方である。
求められる技術力を発揮できてこそ、与えられた役割を果たすことができる。
それだけにエンジニアにとって仕事の技術とは、仕事を続けていく限り付き合っていかなければならないものである。
そのため、常に技術のスキルアップをする事を心がけることが可能な人物が、長く技術職で働くことができる。
またさらに、技術力アップが仕事にやりがいをもたらしてくれることもある。

他のエンジニアと比較して優れた技術力を持った人材は、ヘッドハンティングの対象になる。
求人側から直接のコンタクトがあり、技術関連の仕事で起用の提案がある。
スカウトマンとの交渉次第では、現状よりももっと条件のいい内容で技術力を活かした仕事をする事ができる。
エンジニアにとってヘッドハンティングされるということは、それだけ他に代えることができないようなかけがえのないエンジニアとして認められた証でもある。
もしスカウト活動を通じて仕事に就くことができたならば、エンジニアとしての自負と誇りを持って強いやりがいの中で充実した仕事ができる。
エンジニアとして仕事に携わっているのであれば、一度はこのように人から請われるような立場に立って仕事に就いてみたいと考える。
そのような技術力の高い人材になるためのハードルは確かに高い。
しかし、ヘッドハンティングされるエンジニアになることを目標とすることで、自身のスキルを磨くモチベーションに繋がることにもなるだろう。