毎日コツコツと勉強を続けられる人ほど、エンジニア適正があると言えるだろう。
プログラミングの世界はそれほどまでに奥が深く、能力のある人が短期間必死で頑張ったとしても、まだまだ上に行くことはできないのだ。
ヘッドハンティングされるようなレベルになろうと思うと、起きている間はプログラミングのことを考えているぐらいでなければならない。
仕事をしている間はもちろん、それ以外の時間も自然と効率的なプログラミングは何かということを頭で考えられる人ほど、結果も残しやすいし昇進もしやすい。
とくに時間効率をアップさせる工夫に関しては、必死で考えていく必要があるだろう。
自動化できる作業はすべて自動化して、労力をもっと意義のあるところに振り向けられるかが一流と二流を分ける境目になるとされている。
新しいアルゴリズムを考案したり、便利マクロを使って自分にできることを何倍にも増やしていくのが賢い方法である。

ヘッドハンティングされるような一流のエンジニアは、こうした工夫が自然にできるものなのだ。
どのようにすればそれほどの成果が挙げられるのかというほど、極限まで時間効率をよくしているので、その点に凄みを感じられる。
人からいつ寝ているのかと聞かれるぐらいになって、ようやく一流だと考えていいだろう。
人が寝ている時間も起きて仕事をしているような成果を、人が働いている時間の数分の一で済ませてしまうのが一流のエンジニアだ。