エンジニアとして長く働き続けることを希望しているならば、自分自身がどのようなスキルを身につけているのか、きちんと理解しておく方が良い。
基本情報処理技術者やネットワークスペシャリストなどの資格を所持しているならば、就職はもちろん転職にも有利となるので、積極的にアピールすべきである。
エンジニアの仕事は今後も増えることが予測されており、そのために労働内容や報酬に関して不満があるならば、転職について考えるチャンスである。

特に女性は、結婚後はゆとりのある働き方を望む傾向があり、フリーランスとして働くことを希望している。
そのような事情から、ヘッドハンティングなど転職活動に関する情報収集には敏感なことが多い。
もしもフリーランスのエンジニアとして働きたいならば、エージェント会社に対して自分が有利になるようにアピールすることをおすすめする。
所有している資格を明示することは大切だし、これまでに携わってきたプロジェクトについて説明することもエージェント会社への関心を促すことに繋がる。
尚、フリーランスとして働く時に重要視されるのは、納期を守れるかどうかを問われるスケジュール管理能力だ。
エージェント会社からの信頼を得ることはフリーランスとして最も大事なことなので、確実に遵守できる納期を設定する必要がある。
さらに、厳密にスケジュールを作成して、必ず遂行できるように日々の仕事を進めるべきである。