エンジニアとして活躍していく道には、現場での技術者として生きる方法と管理職や管理職候補となって業界を牽引する立場となる方法とがある。
エンジニアとしての実務が好きな人にとっては現場での仕事に携わっていくのが好ましい道となるが、若い力を現場に求める職種も多いため、分野を選ぶ必要が生じる。
一方、管理職を目指す場合には広い範囲での現場経験を積む必要こそあるものの、若さよりも経験が重視される傾向も強く、将来的に目指す道という考え方からはよい選択となる。

しかし、技術力だけでは業界を牽引していくことはできず、マネジメント能力やビジネススキルなど、企業を動かしていくための能力も身につけていかなければならない。
こういった状況があることから、エンジニアは将来に何を目指すかによって休みの日にやらなければならないことも異なる。
現場で働き続けたい場合には、トレンドを追って生涯働いていくためのスキルを身につけていくことが重要になり、専門学校に通ったりセミナーに参加したりして研鑽を積むことが必須である。
一方、管理職を目指す場合にはマネジメント能力を身につけるためにビジネススクールに通ったり、独立して経営者の立場となったりする経験をしていくことが重要になる。
ヘッドハンティングを受けられるように多くのプロジェクトを成功に導くことも必要な着眼点であり、そのためには独立して管理職系の仕事を請け負うのが近道となる。